ケース・スタディ

コンテンツシンジケーションによる
リードジェネレーション

世界中に営業、製品開発拠点を展開しているNYSE上場のグローバル企業で、企業向けITインフラストラクチャ管理ソフトウェアプロバイダです。

IT運用やDevOpsのプロフェッショナル、あるいはマネージドサービスプロバイダー(MSP)などのテクノロジープロフェッショナルが抱えているIT課題の解決をサポートしています。

最もシンプルなものから最も複雑なものまであらゆる規模のIT環境を管理する製品を提供しています。

実施概要

日本のITプロフェッショナルをターゲットに主要製品とサービスの訴求を通じてクオリティリードを獲得するための戦略立案と実施

プロジェクト概要

  • ファネル全体をターゲットにしたキャンペーン
  • ファネル下位部分の特定かつ適切なターゲットににリーチするため、KKBCはワイトペーパーのコンテンツシンジケーションを採用しました
  • クライアントから提供された3つのホワイトペーパーアセットを使用
  • 3か月間の同時並行キャンペーン

主要なITフォーカスメディア
( IT分野で60万を超えるメンバー)

  • 期間

    2か月

  • ターゲット

    会社の種類~ターゲットアカウントリスト(約1,200社)

  • 職種

    情報システム関連職

IT関連のエンジニア・営業職向けのテクニカルデジタルメディア
(85万超のアクティブメンバー)

  • 期間

    2か月

  • ターゲット

    すべての業界、情報処理および情報システム部門

  • 除外

    指定競合他社・販売会社を除く

企業幹部層を対象としたテレマーケティング

  • ターゲット

    情報システム部門
    従業員数:150名以上の企業


エリア

日本

期間

3ヶ月

予算

30999

成果

キャンペーン全体

想定目標を達成

$30,999.15

総予算

210

リード数トータル
対目標値113%達成

$ 147.61

CPL

749社

アプローチ企業数

1044回

トータルコール数

エージェンシーに連絡し難い場合もありますが、KKBCは違います。

お問い合わせ