ケース・スタディ

プログラマティック広告
認知向上キャンペーン

当社クライアントは、エンタープライズオープンソースソリューションテクノロジーのカテゴリで25年の経験を持つ多国籍ソフトウェア企業ですが、2019年からKKBCとエージェンシー契約を開始しました。クライアントは、さまざまな地域でキャンペーンを実施し、認知獲得にフォーカスをあわせ、製品教育を促進する目標を持ちました。特にクライアントソリューションが「Open Hybrid Cloud」を利用するIT意思決定者をどのようにサポートし、適格なトラフィックをプログラムのランディングページに誘導するかを目的としました。

当社クライアントは、2か月にわたった実施されたジャパンアウェアネスキャンペーンの実施と管理をKKBCに依頼しました。

目標

  • クライアントのソリューションポートフォリオについて、ターゲットアカウントリストの対象者を教育する
  • リード獲得のために利用可能のリマーケティングリストを構築
  • メディア/キャンペーン指標:インプレッション数、クリック数、CTR、CPC、CPM
  • ウェブサイト指標:ページビュー、ユニークビジター、ユニークビジターあたりのコスト、直帰率、滞在時間

課題

  • 当キャンペーンの主な課題は、非常に狭いターゲットオーディエンスに特定のメッセージを確実に届けることでした。
  • メッセージの内容は非常に具体的だったので、キャンペーンを成功させるには、適切な対象者をターゲットにすることが重要でした。
  • このため、プログラマティック広告をお勧めしました。このタクティックにより、ファーストパーティとサードパーティの両方のデータソースから取得したデータに基づいて、非常に具体的なターゲットオーディエンスを設定することができました。


地域

日本

期間期間

2ヶ月

予算

35130

Result

$3.53

CPM, DV360
認知

$0.50

CPC, DV360
認知

0.71%

CTR, DV360
認知

4 分 30 秒

平均滞在時間

70,471

合計クリック数
目標を1,625%達成

9964230合計インプレッション数、DV360
予定インプレッション数を179%達成
エージェンシーに連絡し難い場合もありますが、KKBCは違います。

お問い合わせ