会社概要

人を感動させるブランドで
あふれる世界を想像します

会社概要

当社は、ひとの行動をもとに成功戦略を立て、データ活用で投資からのリターンを最大化する日本のB2B広告代理店です。お客様ニーズの対応に必要な専門知識・コミュニケーションスキル・バイリンガル対応によるスムーズなサービス提供を実現し、日本における多国籍企業・製品ブランドの価値を最大化することに注力しています。

KKBCのケイパビリティは、メディア、マーケティング、デジタルマーケティング、広報&プレスリレーションズ、クリエイティブ、プロモーションなどが含まれ、コミュニケーション管理のマルチソリューションを提供します。多文化ストラテジストとプランナーで構成されたチームは、グローバルビジネスのスピードで費用対効果に優れた結果を提供し、競合他社と差別化できる統合プログラムを計画・運用しています。

ビジョン

「KKBC IMAGINES A WORLD OF BRANDS THAT INSPIRE.」
KKBCは人を感動させるブランドであふれる世界を想像します。

当社は、スコット・オーエン・クベルスキによって2009年に創立されました。ブランドは重要かつ必要な社会的機能を果たすと信じており、社会の進歩・向上に貢献する高い価値のあるブランドを築くため、クライアントの取り組みをサポートし、あらゆるブランドにプラスの影響を与えるよう努めています。

ミッション

「KKBC builds brands with FACT, STRATEGIES, & CREATIVE BRAND COMMUNICATION.」
KKBCは、事実・戦略・クリエイティブ・ブランドコミュニケーションによって、ブランドを築き上げます。

当社はリアリティを基本としています。クリエイティブなブランドコミュニケーションをデータ主導の方法で捉え、PDCA管理手法で仮説を立案・検証し、キャンペーン横断、学習を蓄積します。これらを統合することでプログラム改善を推進し、インパクトを与え、お客様により多くの価値を着実に生み出します。

日本独自の感性

日本は独自の文化社会を築いてきた島国です。諸外国から完全に切り離されているわけではありませんが、この国の感性は諸外国とは異なる独自の方向に進化しています。この国は、西洋社会には無い独自の言語、ビジネス文化、広告およびマーケティング文化、クリエイティブ感覚をもっています。

日本語には、ひらがな、カタカナ、ローマ字、アラビア数字、日常生活で使用される数千字の常用漢字および人名用漢字があります。これらをさまざまなフォント、レイアウトで使用することで、読みやすくバランスの取れた、意味をもたせた説得力のあるコンテンツを創り出しています。

日本人はしっかり構成された情報を好みます。新鮮なレイアウト、遊び心のある面白いコピーライティング、その場所で撮れた風景や写真を楽しみ、互いをつなぐ日本独自の感性に高い意識をもっています。

日本はアジア太平洋エリアで最も難しい市場の一つと見ています。間接的な貿易障壁により、グローバル企業にとって挑戦課題の多い市場でしたが、一方で日本は大きな成長チャンスを有しています。

失われた30年間と呼ばれる過去30年の間は、コスト削減のため技術投資が乏しくなり、高スキルの人材不足が慢性的な課題でした。

現在は、日系企業がテクノロジーによる効率性と戦略的アドバンテージの向上に積極的に取り組み、日本企業はテクノロジーに積極的に投資しているため、米国のハイテク企業にもチャンスが生まれています。

価値提案

KKBCは、日本に焦点を合わせ、多文化ストラテジストとプランナーから構成するチームを誇りに持っています。グローバルビジネスのスピードで費用対効果の高い結果を提供し、競合他社と差別化を図ったプログラムを計画・運用することに注力した広告代理店です。

日本に特化したチーム

多文化ストラテジストとプランナー

費用対効果の高い結果の提供

グローバルビジネスのスピードでのサービス提供

統合型マーケティングプログラムの提供

お客様の差別化を目指す

エージェンシーに連絡し難い場合もありますが、KKBCは違います。

お問い合わせ