マーケット・アップデート

ポストCOVID-19、
リバウンドするリアルな生活

Posted on 07月25日, 2020年

日本の緊急事態の解消が浮上しています。 2020年5月15日、covid-19のカーブはここ数週間で横ばいになり、日本中のビジネスは再開しました。

通常の日常生活への期待が高まり、実生活体験に対する需要がかつてないほど高まっています。

2019年の第4四半期に中国の武漢でウイルスが発生して以来、日本はアジアで最初にCovid-19を発見した国の1つです。日本政府によるコロナウイルスの蔓延を制限するための迅速かつ適切な取り組みは、 私たちが今見ている傾向。

新しい感染率のピークは2020年4月9日で、日本全体で継続的に減少しています。

そして、2020年4月7日に緊急宣言が出されて以来、5月上旬に初めて、全国で新たな感染者数は30人を下回りました。政府は緊急事態の解消を検討し始めました。 全国的な規制がまもなく終了することを期待することができます。

出典:NHK、2020年5月7日

ジャパンタイムズの最新レポートによると、コロナウイルスの蔓延を防ぐために閉鎖されていた学校が、5月7日木曜日に日本の一部の地域で再開されました。 先月発表された全国的な緊急事態にもかかわらず、青森県と鳥取県の学校が全国で初めて門戸を開いた。

さらに、ブルームバーグジャパンからの最新の更新は、5月7日の夕方の記者会見で、経済復興大臣、西村康敏が専門家が緊急事態宣言のキャンセルの可能性に関する状況を分析したことを表明したと述べました 5月末。 このキャンセルの可能性から浮上しています。

解約への動きによると、業界団体の営業再開ガイドラインは14日頃までに作成される。

すべての重要かつ厳格な基準を考慮し、日本が曲線の最終段階にあることを確認します—安倍首相はまた、可能であれば、失効前に緊急宣言を終了したいと述べました 限目。

菅嘉官房長官は、東京や大阪などの13都道府県についても、有効期限までに制限を解除することが可能であることを認めた。

物事はより良い、より明るい方向に向かって始めています。 これは確かに、日本のビジネスと経済にプラスの影響を与えるでしょう。

エージェンシーに連絡し難い場合もありますが、KKBCは違います。

お問い合わせ