クリエイティブ

ローカリゼーション

貧しい日本のローカリゼーションの危険性: パフォーマンスへのリスク

多国籍企業として、あなたは地元の製品よりも優れた先端技術の製品で地元の市場に参入することができます。多国籍企業はまた、豊富な国際的なマーケティングと販売の知識をもたらし、あなたはそれを活用するための広範なグローバルチームを持っています。これらのメリットは、リソース、経験、知識の制限などに悩まされている地元企業に比べて大きなメリットがあります。

しかし、外国企業も独自の課題に直面しています。自分の製品が日本のバイヤーに適していることを証明する必要があるかもしれません。日和のバイヤーに優れたサービスを提供できること。またはあなたが日本市場に深いコミットメントを持っていること。

テクノロジー企業は、顧客が購入者の経験から製品の経験について推測する可能性があるため、これらの課題に対して特に脆弱です。ローカリゼーションの失敗によって引き起こされる低水準の購入者エクスペリエンスは、次のようなさまざまな悪影響を及ぼします。

  • ブランド、製品、およびサービスに対する信頼の低下。
  • あなたのブランドの日本市場への取り組みに疑問を投げかけます。
  • メッセージとコンテンツへの関心と信頼の低下。
  • 中傷者の増加と現在の顧客の忠誠心の低下。
  • 広告キャンペーンのパフォーマンスの低下。
  • ローカリゼーションの不備を修正すると、広告キャンペーン、Webサイト、製品の立ち上げが遅れ、編集、アートワーク、アセット制作の追加コストが発生します。
  • 不正確なデータと、マーケティングキャンペーンで何が効果的で何が効果的でないかに基づいて重要なビジネス上の意思決定を行うことができない。
  • お客様の声を書いたり、ソーシャルメディアにコメントしたりするユーザーからのフィードバックが不十分で、視聴者の間でのブランドの評判が損なわれます。
  • 不正確な製品情報による顧客への返金の増加。
  • 金融または健康部門で働く場合の不正確な説明に対する罰金、および
  • パートナーや株主との信頼を失い、財政的支援を危険にさらします。

日本語ローカリゼーションの性質

製品の種類や分野に関係なく、日本に進出する際には、現地の状況や消費者の期待を完全に理解することが不可欠です。これはいくつかの要因によるものですが、一般的には日本の文化や社会の独自性によるものです。

日本語は複雑な言語です

日本語は英語とは完全に別の言語的起源を持っており、習得するのが非常に難しい言語です。 例:英語の多くの単語は、日本語で直接翻訳されていないか、時には大きく異なる概念を伝えることができます。 その複雑さに寄与する日本語の多くの側面があります:以下を含みます:

  • 日本語は非常に主観的であり、用語や言い回しは、話している世代を含め、文脈に大きく依存します。
  • 日本語の語順は英語とほぼ逆であるため、翻訳するときは常にすべての文を再構成する必要があります。
  • 言語と礼儀正しさを表現する文化の間には密接な関係があります。 さまざまな形のスピーチを使用して、謙虚さの程度を適応させる必要があります。
  • 日本人は意味を伝える際の柔軟性が低い。 数え切れないほどのバリエーションを使用して単一のアイデアを伝えることができる他の言語とは対照的に、正しいバージョンからのわずかな逸脱でさえ、日本語話者との混乱につながる可能性があります。
  • 日本には、日付、時刻、通貨、住所などの一般的なデータを表示するための異なる形式があります。 たとえば、これを間違えると、見込み客に大きな混乱を招く可能性があります。

 

建物の信頼は重要です

日本は、企業やメディア機関への信頼の点で非常に低いランクにあります。 また、純粋に価格だけに基づいて何かを選択するよりも、有名で有名なブランドの製品にわずかに多くを費やす方が望ましい国でもあります。 ほとんどの日本の消費者は、回心するのに時間がかかり、現地の言語と文化を鋭敏に把握することで信頼を築くことは、あなたができる最も重要なことの1つです。

 

精度は品質を表します

多くの人が(私たち自身も含めて)品質に関して日本の顧客の「要求の厳しい」性質についてコメントしています。 メッセージを正確に伝え、翻訳の失敗を回避することは、低品質のブランドとして無視されないようにするために最初にできることの1つです。 これは、ウェブサイトを構築している場合でも、PPCキャンペーンを実装している場合でも当てはまります。 今日目立ち、自分のスペースで他の人と競争するには、すべての顧客のタッチポイントで品質を確保する必要があります。 日本人は、正確でエラーのない翻訳ではなく、純粋な完璧さを期待しています。

 

ポライトネスの適切な使用

日本は、ルールや社会規範を厳守し、礼儀正しい社会であるという評判が世界中にあります。 さまざまなスピーチスタイルから選択できるため、無意識のうちに日本語で誰かを侮辱したり、イメージと話し方や書き方との間に奇妙な断絶が生じたりしないように注意する必要があります。 たとえば、広告やWebサイトで丁寧なスピーチ(keigo)を使用すると、顧客を顧客として尊重していることを知って、顧客を快適に感じることができます。 一方で、フォーマルすぎると、会社が硬直して時代遅れに見える可能性があります。 また、業界やブランドのアイデンティティなど、さまざまな変数にも依存します。

高品質の日本語ローカリゼーションの4つのメリット

コンテンツのローカライズに関しては、高品質のサービスにはいくつかの具体的なメリットがあります。 これらは、顧客やクライアントとの関係を構築し、日本市場に足場を築き、ターゲットオーディエンスと関わり始めると明らかになります。

  1. 顧客とのより強力な関係を築く– 高品質のローカリゼーションにより、顧客との関わりを深めることができます。 日本語を母国語とする人は、ブランドが母国語で弱く会話する時期を知っています。 顧客との長期的な関係が発展するにつれて、強力なローカリゼーションが明らかになります。
  2. 適切な情報を伝える-  適切なローカリゼーションにより、より正確な情報を伝えることができます。 異文化間の相互作用と同様に、翻訳の過程でいくつかの誤解が生じる可能性があります。 さらに、弱いローカリゼーションは、日本でのブランドの不利益につながる可能性があります。
  3. ブランドへのダメージと評判を避ける – 日本市場は評判に非常に敏感です。 売り上げ、信頼性、または知覚される能力に影響を与えるには、1つの偽物で十分です。 したがって、高品質のローカリゼーションは、ローカル市場でブランドを確立するために不可欠です。
  4. より効果的なSEOとコンテンツマーケティング –  他のSEOおよびコンテンツマーケティングキャンペーンと同様に、戦略的コミュニケーションはエンゲージメント、そして最終的にはコンバージョンの鍵となります。 高品質のローカリゼーションは、言語や文化のニュアンスに敏感な人々を対象とした、市場に合わせたコンテンツにつながります。

日本語ローカリゼーション戦略を開始します

国際的なマーケティングとコミュニケーションは複雑なプロセスです。 日本で効果的に活動するためには、外国のブランドやコンセプトを日本市場に持ち込んだ経験のある日本語を母国語とする人と協力して、メッセージを効果的に伝え、新しい顧客の意図と形の好みを生み出すことが重要です。
日本のローカリゼーションのベストプラクティスと厳格な品質管理手順を遵守する専門家との提携により、評判を傷つけ、見込み客を失望させ、貴重な時間とお金を失うリスクを減らすことができます。

Oval
Oval
Order
Customer make localization order
1
Translation

Translation process may take around 1 week

2
Review

Reviewing may take around 2 weeks

3
Layout/Editing

Takes around 1 week

4
Proof Reading

Takes around 2 week

5
Editing

Takes around 1 week

Client Preview
Feedback & changes from client
6
Final Editing

Takes around 2 week

7
Final QA

Takes around 1 week

8
Delivery

Takes around 1 week

Oval
Oval
なぜ KKBC ?

良い翻訳だけでは意味がありません。 効果的なコミュニケーション戦略に不可欠な要素としてローカリゼーションは極めて重要です。 ローカリゼーションでは、元資料の意図を理解し、必要に応じ用語集を作成、翻訳、編集し、ローカルの二次資料を作成し、その変換ぼ過程で原義から逸脱がないよう完全性を担保する必要があります。

原義のローカライズ
翻訳に留まりません
トランスクリエーションを目指します
日本のオーディエンス目線で進めます
細部を見逃しません
KKBCの日本語ライティングのエキスパートが責任を持ちます

Oval

キャンペーンならKKBCにお任せ下さい

お問い合わせ